【Fate/GO】ジル「大変申し上げにくいのですが……」 黒ジャンヌ「今度は何ですか」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:12:12.74 ID:PvVeVNMb0


※Fate/GO1章のネタバレがあります






ジャンヌオルタ




















2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:13:16.33 ID:PvVeVNMb0


ジル「フランス中に放ったワイバーン達がひどく弱体化しています」

黒ジャンヌ「弱体化?」

ジル「ええ。どうしてこのようになるのか私にも分かりかねますが……きゃつらに言わせれば燕以下であるとかなんとか」

黒ジャンヌ「……待ちなさいジル。ワイバーン達は亜種とはいえ竜種ですよ?」

黒ジャンヌ「私、彼らに魂を売る思いでこの旗に竜の絵を書いたのですよ?」

ジル(熱心に描いておられたアレは竜の絵だったのですかジャンヌよ……このジル・ド・レェめはてっきりワカメか何かだと思っておりました)

黒ジャンヌ「それを燕以下とは何ですか!私を、竜の魔女をばかにしているのですか!頑張って呼んだんですよ!数だって空を覆い尽くす程度には――」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:14:54.50 ID:PvVeVNMb0


ジル「先ほどから無数のアサシンに案山子同然と切り倒されております。いっそ清々しいまでのやられっぷりですな。ハハハ」

黒ジャンヌ「ジル!あなたまで案山子呼ばわりするの!!!!!私のワイバーンを!!!!」

ジル「どうかお許しくださいジャンヌ。私、何分狂化しているものですからどうにも口が滑ってしまうのです」

黒ジャンヌ「もういい!こうなったらサーヴァント達で遊撃してあの残り塵どもを叩き潰します!いいですね!」

ジル「お心のままに」

黒ジャンヌ「ふふ……折角ですからもっとも残虐な二騎を呼び寄せる事にしましょう」

黒ジャンヌ「バーサーク・ランサー!バーサーク・アサシン!出陣です!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:16:16.65 ID:PvVeVNMb0


・・・・・・・・

黒ジャンヌ「……?」

ジル「ランサーとアサシンなら先ほど血液風呂に入るとか何とか」

黒ジャンヌ「……バーサーク・ランサー!バーサーク・アサシン!マスターとして命じます!私と一緒に出陣しなさい!」

黒ジャンヌ「これでよし。カリスマスキルがあるマスターの命令ですから、すぐに来てくれるでしょう」

ジル「左様でございますか」

黒ジャンヌ「今に見ていなさいジル。貴方は私の持つカリスマというものの凄さを思い知る事になる」

ジル「期待しております」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:19:41.49 ID:PvVeVNMb0


黒ジャンヌ「……」

ジル「……」

黒ジャンヌ「……」

ジル「……」

黒ジャンヌ「……」

ジル「……」

黒ジャンヌ「……来ない」

ジル「来ませんな」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:21:15.00 ID:PvVeVNMb0


黒ジャンヌ「何でですか!私ちゃんと呼んだ!カリスマスキル使って呼びましたー!」

ジル「カリスマと言ってもEではさすがに……宴会で絡んでくるうざったい重役くらいの扱いですから」

黒ジャンヌ「何よ!じゃあ貴方が呼んで来なさいよ!私は出陣したいっていってるでしょ!ジルのバカ!」

ジル「生憎私は貴方から申し付けられたCOOLな家具の製造で手一杯です。申し訳ないジャンヌよ、どうかご自身で……」

黒ジャンヌ「……分かりました!私が探しに行けばいいんでしょう行けば!」

ジル「ジャンヌ、そういじけないで頂きたい。士気に関わります」

黒ジャンヌ「うるさい!ゾンビと獣人と案山子の兵団に士気も何もあるものですか!」

ジル(根に持たれていらっしゃる……)


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:25:43.87 ID:PvVeVNMb0


黒ジャンヌ「それとも何ですか、ジルもあのキラキラした白い私の方がいいのですか、士気あがるんですか!私じゃ不足ですか!」

ジル「滅相もない。決して、決してそのような事はありません」

黒ジャンヌ「……本当ですか?私の方が目つき悪いのに?ホントはあっちの綺麗な残り塵の方が聖女っぽくて好みなんじゃないんですか?」

ジル「応援しておりますよ、ジャンヌ」

黒ジャンヌ「ふん。貴方の言葉なんて、どこまで信用してよいのやら……とにかく、探しに行ってきます!」

ジル「吉報をお待ちしております」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:26:32.21 ID:PvVeVNMb0


・・・・・・・・・

黒ジャンヌ「……」

ジル「おかえりなさいジャンヌ。いかがでした?」

黒ジャンヌ「どこにもいなかった」

ジル「おや、ではもうどこかへ人間狩りにでも行ったのかもしれませんね」

黒ジャンヌ「あれほど勝手な行動はするなって言ったのに……!」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:27:53.98 ID:PvVeVNMb0


ジル「思うがままに蹂躙しろと仰られませんでしたかな?」

黒ジャンヌ「蹂躙はいいです。殺戮もいいです。拷問も許可します、好きなだけやればいい。悪徳ですからね、肯定しますよ」

黒ジャンヌ「でもマスターの命令くらい聞いてくれたってバチは当たらないんじゃないですか!!サーヴァントって召使いでしょう!?」

ジル「しかしジャンヌ。我々は不誠実という悪徳をも肯定すべき立場ではありませんか?」

黒ジャンヌ「いいですかジル。これは良し悪し以前の、人としてのマナーの問題です!主命に馳せ参じない兵なんて聞いたことありませんよ!?」

ジル(マナーとはまたなんとも……)

ジル「なにぶん全員狂化しているものですから」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:29:10.96 ID:PvVeVNMb0


黒ジャンヌ「……やっぱり全員狂化させたのはやり過ぎだったでしょうか。何人か残しておけばよかったのかも……?」

黒ジャンヌ「でも狂化させてないサーヴァントとかちゃんと命令聞いてくれるか不安ですし……私もう一人の私みたいにキラキラしてないし……カリスマEだし……」

黒ジャンヌ「ああでもセイバーなら話くらい聞いてくれたかもしれない……でももう狂化させちゃったし……狂化解除するスキルとかないかなぁ……」

ジル(またいじけてしまわれた……おいたわしい)

ジル「まぁ妥当な判断だと思いますよジャンヌ。今のカリスマではたとえ狂化させてなくても――おっと、一つ報告する事があったのでした」

黒ジャンヌ「……なんですか」

ジル「リヨンの町で無数のヘラクレスとヴラド三世とSAMURAI達の群れが大暴れしているそうです」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:30:36.83 ID:PvVeVNMb0


黒ジャンヌ「どれもこれもこの前ようやく撃退したばかりのサーヴァント達ではありませんか……それに無数ってもしかして沢山いるんですか」

ジル「平行世界からでございましょう。敵味方を問わず無差別に破壊をまき散らしているようです、たまったものではありませんな」

黒ジャンヌ「ジル、なんとかしなさい」

ジル「仰せのままに。ジャンヌの命とあればこのジル・ド・レェいつでも命を投げ出す覚悟です」

黒ジャンヌ「いや命はかけなくていいから。倒しなさい」

ジル「不可能です。というか、命をかけても私の力では手傷の2~3が精々ですな」

黒ジャンヌ「……ならいいです。貴方には破壊と殺戮と神の冒涜という重要な役目がある、何も犬死にしに行く事はありません」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:31:46.84 ID:PvVeVNMb0


黒ジャンヌ「他のサーヴァント達を招集して差し向けます」

ジル「しかしジャンヌ。セイバーとアーチャーは南東の偵察から帰っておらず、ランサーとアサシンは行方不明」

ジル「バーサーカーはもういませんしアレはギロチンニーの真っ最中、ライダーは敵に塩を送る作業で忙しいとのことですが」

黒ジャンヌ「なんなのこの軍団はどいつもこいつも!どうして私の言う事聞いてくれないんですか!もう!もう!!!!フランス滅ぼすって言ってるでしょ!」

黒ジャンヌ「もういいです!私が直接行きます!!全部倒しますよそうすればいいんでしょう!?」

ジル「そうですか、それではご武運を。まずいと思ったらすぐに退くのですよ」

黒ジャンヌ「そうしますよ。退くに退けない状況になっていなければ、ですけどね……行ってきます!」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:33:04.34 ID:PvVeVNMb0


――リヨン――

黒ジャンヌ(って勢いで出てきたはいいけど……)

ヘラクレス「「「「「「■■■■■ーーー!!」」」」」」

ヴラド「「「「「「血を捧げよ……!」」」」」」

小次郎「「「「「「「燕返し!燕返し!燕返し!燕返し!燕返し!燕返し!燕返し!燕返し!」」」」」」」

黒ジャンヌ(これはちょっと……だめかもしれない……)ガクガクブルブル


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:34:36.27 ID:PvVeVNMb0


ヘラクレス「「「「「「!!!」」」」」」

黒ジャンヌ「な、なんですか!私はルーラーで竜の魔女ですよ!あなたたちなんて一捻りなんです!退却するなら今の内ですよ!?」

黒ジャンヌ「なんなら交渉という形で一時休戦でも――」

小次郎「「「「「「「大将首か!魅せ所よなぁ!」」」」」」」

ヴラド「「「「「「血を求める……!」」」」」」

黒ジャンヌ「い、いいでしょうまとめてかかってきなさい!けちょんけちょんにしてあげます!」

黒ジャンヌ(ごめんジル……私退き際間違えました……ここで死ぬかもしれません……)ジワッ


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:37:21.45 ID:PvVeVNMb0


・・・・・・・・

黒ジャンヌ「…………ただいま」

ジル「遅いお帰りですなジャンヌ。お疲れ様でした」

黒ジャンヌ「……死ぬかと思った」

ジル「使い魔経由で見させて頂きましたがまさに死闘でしたな。しかしそこはそれ、流石は我らがジャンヌ。見事に撃退されたではありませんか」

黒ジャンヌ「ええ。なんだか数回お花畑が見えたし今でも全身あちこち痛みますがなんとか――というか」

黒ジャンヌ「もう一人の私は本当にフランスを救う気があるの!?あんな狂戦士ばっかり連れ込んで町を破壊して!味方まで巻き込んでるじゃない!」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:40:18.83 ID:PvVeVNMb0


ジル「それに引き換え我らがジャンヌといえば怯える獣人・ゾンビを纏め上げワイバーンを守り果敢にも最前線で旗を振り戦う、と」

ジル「いや全くどちらが悪者か分かったものではありませんな。ハハハ」

黒ジャンヌ「何が可笑しいの!!!途中で庇ってくれたゾンビ達が居なければ私は死んでいたかもしれないんですよ!!」

ジル「おっと失敬。私狂化がかかっておりますのでつい」

黒ジャンヌ「……それで、他のサーヴァント達と各地の戦線は?多少なりとも状況は好転したのですか?」

ジル「依然変わらず、ですな。戦線は押し戻され、サーヴァントの所在も掴めず。元帥として不甲斐ない限りです」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:42:07.14 ID:PvVeVNMb0


黒ジャンヌ「ハァー…………」

ジル「そう気を落とさないでください、聖女よ。明日は明日の風が吹くと申します」

黒ジャンヌ「……お腹空きました。ジル、何か食べ物を持ってきなさい」

ジル「すぐに用意いたしましょう」

黒ジャンヌ「あったかいものがイイです」

ジル「善処しましょう」

黒ジャンヌ「早めにお願いします」

ジル「はいはい」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:43:23.91 ID:PvVeVNMb0


・・・・・・・・

ジル「どうぞ」

黒ジャンヌ「なんですかこれは」

ジル「パンと野菜スープです。おかわり自由、バターとジャムも塗り放題ですよジャンヌ」

黒ジャンヌ「見ればわかります。私、一応ここの最高権力者のつもりなんですが」

ジル「名実ともにそうでしょうな」

黒ジャンヌ「もう少しこうなんというか……気品というか……地位相応のものはないのですか」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:45:28.82 ID:PvVeVNMb0


ジル「依然そういった趣向のものをお出ししたのに『食べ方が分からない』と皿を突き返したのはジャンヌではありませんか」

黒ジャンヌ「仕方ないじゃないですか!ナプキンなんて渡されてもどうしたらいいのか分かりませんよ生涯で一度も使った事ないんだから!」

黒ジャンヌ「悪かったですねフォークとナイフの握り方もおかしい聖女で!どうせ赤ちゃん握りしかできませんよ!」

ジル「公の場ではないのですから、無理に肩肘を張る必要もないでしょう。何であれ食べ慣れたものを食べねば胃も驚きます」

黒ジャンヌ「むぅ……」

ジル「明日も戦いです。しかと栄養は取っておきましょう」

黒ジャンヌ「……分かりました」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:46:33.07 ID:PvVeVNMb0


ジル「では私は自分の工房で作業でも」

黒ジャンヌ「待ちなさい」

ジル「何か?」

黒ジャンヌ「貴方も食べなさい、ジル。分けてあげます」

ジル「そうしたいのは山々ですが、私は」

黒ジャンヌ「ジル」

黒ジャンヌ「こういうものは…………一人で食べても美味しくありません」

ジル「……得心いたしました。ご同伴に預かりましょう」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:49:10.91 ID:PvVeVNMb0


黒ジャンヌ「……」モグモグ

ジル「……」モグモグ

黒ジャンヌ「……美味しいですね」モグモグ

ジル「素材は全て産地直送ですから」モグモグ

黒ジャンヌ「なるほど……フランスは滅ぼしても畑は残さなければいけませんね、これは」モグモグ

ジル「……失礼ながらそれは本末転倒ではありませんかな?」モグモグ


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:49:59.37 ID:PvVeVNMb0


黒ジャンヌ「ねぇジル」

ジル「なんでしょうか?」

黒ジャンヌ「……今の戦力差ってどのくらいなんですか?」

ジル「数値化できませんな。なんせ相手は平行世界から同一のサーヴァントを好きなだけ呼んでこれるわけですから」

ジル「それでも敢えて示すならば……ざっと10000:1と言ったところでしょうか」

黒ジャンヌ「……そう」

ジル「……」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:51:16.64 ID:PvVeVNMb0


黒ジャンヌ「ジル。今からでも、白い方の私についてもいいのですよ。彼女は未だ神を信じている。真摯に懺悔すれば赦してくれるはずです」

黒ジャンヌ「前にも言いましたが、犬死する事など――」

ジル「笑えない冗談ですな。私にとってのジャンヌは貴女だけですとも」

黒ジャンヌ「……バカですね。勝てるわけもない戦争に命を捧げるなんて」

ジル「狂化されておりますから」

黒ジャンヌ「……」

黒ジャンヌ(嘘つき……)


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:53:05.66 ID:PvVeVNMb0


ジル「時にジャンヌ。チェスに『ステイルメイト』という概念があるのはご存知ですかな?」

黒ジャンヌ「知りませんよ、チェスなんてやりませんし」

ジル「ごく簡単に申し上げるなら、『最後の最後まで王手を受けずに凌ぎ切れば引き分けとする』ルールです」

黒ジャンヌ「慰めのつもりですか?……チェスと戦争は違います。我々にあるのは滅ぼすか、滅ぼされるか。引き分けなど存在しません」

ジル「そう未来を悲観する事はない、と申し上げたいのです。統率がとれていないとはいえ、我々にはまだ7騎のサーヴァントの戦力がある」

ジル「獣人もゾンビも、貴女が望むだけ作りましょう。きゃつらが戦い疲れて剣を捨てるまで、一丸となって徹底して抗戦してみせましょう」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:55:20.44 ID:PvVeVNMb0


ジル「彼我の戦力差は膨大なれどしかし――きゃつらに私の心を折る事は未だ出来ていない。そしてその機会はこれからも永遠に来ない事でしょう」

ジル「それはジャンヌ、貴女が居てくれるからこそです。それだけで、私の心は何度でも奮い立つ!!!勝利に限りなく近い引き分けの目を手繰り寄せるために!」

黒ジャンヌ「……」

ジル「私は、貴女に勝利を約束する事は残念ながら出来ません。ですが貴女に2度救われたものとして、これだけは誓わせていただきたい」

ジル「此度こそ、何がどう転ぼうと、決して!貴女を一人にはいたしません。このジル・ド・レェ、お望みとあらば地獄の果てまでお供しますとも!!」

ジル「それが貴女にすがる私の責任であり――唯一の願いでもあるのですから」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 23:59:53.07 ID:PvVeVNMb0


黒ジャンヌ「……ふふっ」

黒ジャンヌ「何ですかそれは。長台詞の割にはしょうもないですね。ちっともときめきませんよ、愚かなジル」

黒ジャンヌ「でも、まぁ……そうですね。それなりに……肩の荷が下りた気がします」

ジル「おお……ぉぉぉ!!!」

ジル(ジャンヌが……聖女が微笑んでおられる!)

黒ジャンヌ「勇気もほんの少しだけですが湧いてきました。よーし!フランス滅ぼしますよー!」

ジル「その意気ですジャンヌ!」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 00:02:03.98 ID:joyCpYM80


ジル「して、この後はどうしますかな。ワイバーンでも呼びますか、こちらから打って出ますか」

黒ジャンヌ「何を呆けているのですかジル。さっさと行きますよ」

ジル「行く、と申しますと?」

黒ジャンヌ「工房に決まっているでしょう。数で劣るというのならこちらの駒を増やすまでです。目標はサーヴァント一万騎ですよ!」

ジル「なるほど。では有名所で……アーサー王などいかがですかな?」

黒ジャンヌ「アーサー王ですか。イギリスの英霊が応えてくれるとは思えませんが……まぁ」

黒ジャンヌ「最後の最後まで――やれるだけ、やってみましょうか!」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 00:03:21.37 ID:joyCpYM80

終わりです
黒ジャンヌちゃん可愛い、一緒にフランス滅ぼしたい


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 00:37:29.05 ID:6oL+Aaqjo


これ黒ジャンヌも可愛いけどジルも可愛いな

しかし可愛さならy永遠の繁栄を約束された黄金の都、戦車を走らせても船を走らせても一番のローマ帝国第五代皇帝ネロ・クラウディウスの独・壇・場!だけどな!


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 02:21:29.49 ID:W5B6E5590

ドラゴンスレイヤーすまないさんは壁にもならん


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 08:24:50.16 ID:0TaAHp0A0

黒ジャンヌはやられ台詞の「助けてジル…」
でやっぱり根っこは少女なんだと確認できた。

罵倒したいけど黒セイバーみたいに上手く決まらない系女の子
それが黒ジャンヌ


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 16:33:08.89 ID:Jit4mvkKo

久しぶりに型月の当たりSSに出合えた
ありがとう>>1


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 17:53:43.15 ID:4skRQDg7o

ジャンヌ・オルタはあの心底嫌そ~な表情がたまらんのだ


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 23:05:39.50 ID:aN4jmib9o



57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 21:54:53.08 ID:eGVWUDY00

まさかぐだーズは魔法使いという可能性が…


58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 17:33:21.38 ID:2WlZEzZNO

黒ジャンヌかわいすぎ




引用 https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441203132/





>
[ 2015/12/12 12:00 ] Fate/GO ss | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:fategrandorder
Fate/GrandOrderの情報を紹介していくサイトです。皆様よろしくお願いします。

ブログ更新時つぶやいてます↓

トップ絵紹介
new_FateGrandOrderまとめ速報ロゴ有り1 コパ様より頂きました! TOP画像 冬ゆき様より頂きました!
アクセスランキング
フリーエリア
type-moon関連商品
Powered by amaprop.net